セラピストのつぶやき

人生の優先順位

先日、私なりの大仕事を終えた後、
猛烈に温泉に浸かりたい欲求が出て来たので
箱根の温泉に行って来ました。

この日はいつもよく行く日帰り温泉ではなく、
湯治として有名な ひがな湯治「天山」へ。

ここ、かなり有名なのに私は初めて行ったんだけれど、
すごい良かった。

全てが露天風呂。
どのお風呂に入っても
まるで自分が自然の一部になったような
癒しの空間。

源泉浴なので
湯には加水をしておらず、
独自の熱交換技術で、純度100%の湯を密閉したまま適温にして
毎時20,820リットルの源泉を湯船に注ぎ続けているらしい。

天然の命が体に染み込んで行く感じがして
生き返る。

洞窟湯の居心地が最高だった。

洞窟の中は暗くて湯温が高いけれど、
半分は外なので明暗を両方楽しめる。

真ん中に座ってぼーっとしていたら、ふと感じた。

自分の中には陽の部分も陰の部分も存在していて
そのどちらも素晴らしい存在であり、
それは統合することが目的なのではなく、
それぞれの良いところを生かしあって補い合って
循環させることにこそ、真の目的がある
んだってことを
教えてもらった。

やはり、大事なのは「循環」なのだ。

そして、温泉の脇の看板にあった
「温泉養生訓」という言葉が目に止まった。

そこには、こんなことが書いてあった。

不自然に無理せず、自然(じねん)であることが大事、
無理してもいいことない。
自然であることが一番美しい。

ほんとそう思う。

なにもしない。
なにも考えない。
ただただ感じる。

そんな心地よく寛げる静かな時間って
なんて豊かなんだろうってしみじみ感じた。

そんな時、
今急に流行りだしたクラブハウスについて
さとうみつろうさんが書いていた記事に目が留まった。

新しいSNSを使うことによって
新しい出会いが増えたり、自分の世界が広がったり、
素敵なことはたくさんあると思う。
だから楽しくってやってる分にはとてもいいと思う。

でもそれを始める理由として
もしこの「FOMO」という心理現象が働いているからだとしたら、、、

一部、記事を引用させてもらいます。

————————————————————————————

クラブハウスというSNSが日本に上陸して、
わずかに10日ばかりでメディアの話題をかっさらった。
会員数も激増、アップルストアのアプリランキングでずっと1位。
これは「FOMO」が一番の原因だと言われている。

FOMOという心理現象。
Fear of missing out(取り残される事への怖れ)

FOMOとは、自分が居ない間に他人が有益な体験をしているかもしれない
という不安に襲われることを指す言葉で、
「他人がやっている事と絶え間なくつながっていたい」欲求。
「見逃しの恐怖」とも。
                       (ウィキペディアより)
————————————————————————————

私もこういう気持ちになったことはある。
特にSNSには素敵な情報がたくさん流れていて

これも楽しそう!
あれもやってみたい!
そんな素晴らしい体験しないともったいない!

そう思わせてくれる刺激物がたくさん転がっている。
私自身もSNSがきっかけでたくさんのことを学んで来たし、
この人生で体験したいことがたくさんありすぎて
全然時間が足りないと思うことも多々ある。

でもここにあまりに捉われすぎると
本当に自分が今やりたいこと、やるべきことへの時間が
どんどん割かれていく。

その一つが、

なにもしない、豊かな時間。
自分と繋がって、自分を感じる時間。

私はあえて、なにも考えずに
自然と触れ合う時間を意識的に増やしている。
来月からは本格的に「土」の勉強を始める予定。

人生の時間の優先順位を決めること。

私にはそのことが一番大切だと感じる。
だって、人生で一番価値のあるものは、
おそらく「時間」だから。

有限な時間、大切に使おう!

来月も
自然の中に入り、自分と繋がる時間をたっぷり持ちます。

WOTEメディシナルアロマセラピスト認定講座(レベル1)、
3月10日から3日間で開催予定です。

あなたの人生で、大切にしたいことはなんですか?
時間は有限。
だったら、どんな意識で生きていけば良いと思いますか?

精油のお勉強だけでなく、
意識のお話、私たちの人生について
たくさんのシェアタイムを取る講座です。

人生の講座、是非ご参加をお待ちしています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
PAGE TOP