セラピストのつぶやき

男女和合論 ① 「呼吸の大切さ」

今日からは気が向いたときに、
性・セクシャリティに関して私が感じることなどを
「男女和合論」として書いて行こうと思います。

昨日私は頭痛を発端に
急に体の絶不調が起き、胃と腸にあるものは全て排出し、
体の中が完全にクリアになっております!

今回実践して頭痛軽減にいい効果があったのは「呼吸法」。
エヴァセラピーの講座中には
アダム徳永さんからも何度もご教授いただいていて、
それが体調回復にとても関係があるということを今回実感しました。

今回は体調を良くするために呼吸法を実践してみたのですが、
友人に勧められて読んだこの本にも
「呼吸法」について詳しく書かれていて、
それがものすごくよかったのでこちらにまとめておきたいと思います。

「つながる 〜セックスが愛に変わるために〜」
代々木忠 著

・・・・・

人間を癒す方法として、呼吸には大きな可能性が秘められている。
呼吸法は数え切れないほど多く存在しているが、
どの呼吸法も
「意識的な呼吸をすることによって、体の働きを活発化させ、
自己治癒力を高め、心を浄化し、心身ともに健康になる」

という点で一致している。

呼吸は意識と無意識にまたがっている唯一のもの。
例えば、心臓の鼓動は意識してもとめられない。
でも呼吸ならば意識的に止める事ができる。かといって、
呼吸するのを忘れてしまったら息が止まるかといえば、
無意識に呼吸は続いている。
だから呼吸は意識と無意識の架け橋と言ってもいいかもしれない。

つまり、意識的な呼吸をすることによって、意識が無意識に働きかけ、
無意識の領域をも動かす事ができる
というわけだ。

普段は無意識にしている呼吸を、あえて意識的にすることは
「生きる」という意思表示でもある。
私たちの体には感情や気というエネルギーが流れているが、
唯一そのエネルギーの流れを自分の意思でコントロールできるのが
「呼吸」である。

セックスは体でするものだ。
感じるためには相当量のエネルギーがいる。
そのためにも、
いい呼吸をして、気の流れをよくしておく必要があるのだ。

・・・・・

つい疎かにしてしまいがちな「呼吸」。
でも健康的な生活を継続して行く上で最も大切なものだと思う。

今、常にマスクをつけている人が多いけれど、
私はマスクをつけると苦しいからつけていない。

マスクを毎日つけると慣れるという意見があるらしいけれど、
それはマスクに慣れたのではなく、
浅い呼吸をすることに慣れてしまっているだけ。

浅い呼吸に慣れると
肺全体に酸素が行き渡らず、結果的に免疫機能に影響を及ぼす。

仕事上マスクをしないといけない場合は仕方ないけれど、
つけなくていい場所では極力外しておくのがいいと思う。

やりたいことをやったり、
好きな人に会いに行ったり、
素晴らしいセックスをするためにも、
まず何より心身が健康的でなければ最大限に楽しむ事はできない。

私自身が昨日寝込んでいた1日中考えていたのは
そのことだけだった。
私にもやりたい事がたくさんあるけれど、
健康でなければ何も出来ないんだ!という当たり前のことをしみじみ感じていた。

そのために、まず深い呼吸をすることを心がけよう。

深く呼吸をする事は
心身の健康や奥に潜んでいる感情・トラウマを解放するだけでなく、
感度を上げるため、より気持ち良いセックスをするためにとても重要になってくる。

ほんの少し時間をとって、朝起きてから5分でもいい。
吸って吐くという呼吸を少しずつ時間を長くしてやってみよう。
何か変わって行くかもね。

呼吸法に関しては、
セルフメイクラブ講座&エヴァセラピーの後にやり方をお伝えしていますので、
ご興味ある方はまず、セルフメイクラブ講座(入門講座)にご参加ください。
オンラインで90分程度になりますので、お気軽に!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP